ささくれと空気の乾燥と、、

そろそろ秋本番ですが、やはり乾燥対策はしっかりやっておきたいものです。美容的な意識はもちろん、空気が乾燥しているとやっかいなのが手の指のささくれ。
 
ささくれというと、ついつい痛さに耐えかねて剥いてしまいがちですが、じつはこれNGらしんです。
 
そもそもささくれは皮膚の表面がむけているとってもデリケートな状態。皮膚があるのとないのとでは免疫に格段の差が出てしまいます。
 
実際ささくれからばい菌がはいってしまい、細菌感染に至ったケースもあるそうです。
 
どうしても痛みが我慢できない場合はやはりお医者さんに診てもらうのが一番ですね。 
 
 
 
 
 

シャキーンとしたブリッジを目指してw

子どもの頃、体育の授業はもちろん、ブリッジって良くやってました。
 
たまたまテレビでブリッジが身体に良いみたいなことを放送してて、そういえば前にブリッジしたのって何年前くらいなんだろう?とふと思ったのですが、それこそ10代の時以来やってないかもと気づきましたw で、自宅だったのでその場でちょっとやってみたのですが、一応ポーズらしきものは取れたものの、どこかぎこちないというかw

子どもの頃のなんと言うかシャキーン☆としたブリッジじゃないんですよね(笑)
 
 
ただブリッジ自体はとても健康に良いらしく、体の歪みの矯正や血行促進、代謝アップなど、様々な効果ができるそうです。
 
しかも前に書いた筋トレと同様、とても短時間(ブリッジの場合は1分程度)ですみます。自分は早速実践してるのですが、心なしか体調がすこぶる良いです。気が向いた方は是非試してみてください☆
 
 
 
 
 

筋トレは短時間でOK!

筋トレについて以前いくつか記事を書きましたが、ひとつ大切なことを書き忘れていました。
 
 
それは、筋トレは、非常に短時間で済む、ということ。
 
 
例えば有酸素運動は30分から1時間くらい、ある程度まとまった時間が必要です。
 
しかし筋トレの場合は、それこそ1日5分程度で済みます。
 
 
原則的に筋力を付ける時は、筋肉痛になっている箇所はトレーニングしてはいけないというルールがあります。
 
つまり今日は肩のトレーニング(筋肉痛の胸と足はお休み)、次の日は胸(筋肉痛の足と肩はお休み)、さらに次の日は足、、、と、サイクルで回していくので、つまり1日1箇所でもOKなのです。
 
 
そして1度につき10回が原則の負荷を3セット行う程度で充分エクササイズ効果を得ることができます。
 
是非お試しあれ☆
 
 
 

ちょっと工作して加工すると、、

雑誌付録のレビューを書いていると、いわゆるクリアファイルの付録が多いことに気づきます。
 
書類やレジュメが折れないように収納できる半透明のファイルです。
 
 
しかしこのクリアファイル、その用途は書類を挟むだけに留まりません。
 
 
例えばちょっと工作してはさみやカッターを入れて加工すると、、
 
型を取ってステンシル、プラスチックという防水性も利用できるブックカバー、未使用のトイレットペーパーの収納などなど、用途は広がるばかり!!
 
気になった方は是非お試しあれ☆
 
 
 

お風呂と足の疲れと、、

自分が学生時代、いわゆる立ち仕事のバイトをしていたときがあったのですが、やっぱり一日中立ってると足の疲れとか半端ないんですよね。
 
そして今思えばあの時にこそこの方法を試していれば良かったとおもうのですが、実は浴槽に浸かるとき、ピンと背筋を伸ばして正座で入ることで、だいぶ足の疲れが取れるんです。
 
 
そもそもお風呂の中というのは水圧がつねにかかっているものですが、この状態で正座することにより、ふくらはぎを揉む効果が得られるとのこと。
 
 
また骨盤の歪み対策や血行促進など良いこと尽くめです。気になる方がいましたら是非真似してみてください☆