AERA(アエラ)に山下智久!予約もキターーー!!

生田絵梨花が表紙!!そして山下智久のインタビューも収録!AERA(アエラ)2019年12月2日号!予約の在庫&売り切れ速報!!本屋(書店)、通販など、発売日は?

注目のAERA(アエラ)2019年12月2日号がいよいよ発売!予約注文も増えてきている模様です☆
 
 

 
  

山下智久インタビュー収録!!

英語特集がメインテーマの今回のAERA(アエラ)に、山下智久くんが登場!
 
山下くんといえば、海外進出が目覚ましい昨今☆そのワールドワイドな活躍にいつもドキドキワクワクさせられちゃいます♪
 
そして海外でのロケが増えれば増えるほど、どうしても英語へのウェイトが高まるもの。実際「THE HEAD」での撮影は、ガチで英語オンリーな現場だったらしく、かなり苦労されたようです。
 
インタビューでは、今回の撮影の感想や、英語の勉強ノウハウや、他のキャストとの触れ合いなど、たっぷり語ってくれました☆
 
 

表紙は生田絵梨花

今回の表紙は乃木坂46の生田絵梨花さん。蜷川実花さん撮影による表紙カットはどこか幻想的で情緒あふれるフォトとなっています♪こちらも注目ですね!
 
 

通販インフォメーション

今回ご紹介したAERA(アエラ)2019年12月2日号 増大号発売日は2019年11月25日が予定されています。

通販でも発売日が近づくにつれさらに予約注文が増えているようです☆※在庫切れ、売り切れ注意!!
 
 
 ■楽天⇒⇒ AERA(アエラ)2019年12月2日号 増大号
 
 ■AERA(アエラ)2019年12月2日号 増大号 ⇒⇒ セブンネット
 
 
 ■チェック!!⇒⇒ Amazon(アマゾン)
 
 
 ■⇒⇒ ヤフーショッピングでチェック!!
 
 ■ハイブリッド書店 honto⇒⇒ チェック!!

 
 

 
 

AERA(アエラ)2019年6月24日号

雑誌、AERA(アエラ)2019年6月24日号

昨年のデビューから早一年。キンプリ旋風は凄いものがありましたが、メンバーはこの人気ぶりは当初の想定外だったようです。ただやはり知名度がアップしたことや、自分自身の成長はリアルに嬉しいとのこと。
 
精神的な側面、舞台でのパフォーマンス、さまざまなスキルがさらに進化するであろうキンプリ。彼らの一挙手一投足から目が離せませんね。
 
彼らが何を想い、何を考え、今というリアルを生きているのか。今回のアエラでは、表紙の他、特集も組まれているそうで、こちらも必見ですね☆
 
 

AERA(アエラ)2019年7月29日号

表紙はMIYAVI!!「星野源 ふたりきりで話そう」も復活!!雑誌、AERA(アエラ)2019年7月29日号、増大号

約2年間、AERAで大人気だった星野源さんの連載コーナーがありました。最初の一年は「音楽の話をしよう」、その後は「ふたりきりで話そう」という、対談形式の連載。多様なゲストとの濃い対談は書籍化もされるほど注目されていましたが、昨年一旦終了しました。
 
 

 
今回は「ふたりきりで話そう」の書籍化を記念して復活。ちなみに今回の対談相手は、星野さんの主演映画「引っ越し大名!」で共演された松重豊さんが登場!
 
これまでの連載同様、二人以外誰もいない密室での対談。演じることや趣味の話、そして「自意識」の話など、これまた魅力的な対談となりそうです☆
 
 
そして注目の表紙はMIYAVIさん。ビビットなレッドの背景にクールなMIYAVIさんが颯爽と登場!!ガチでカッコ良過ぎです!!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

AERA(アエラ)2019年6月3日号

雑誌、AERA(アエラ)2019年6月3日号

4月1日新元号「令和」が発表され、令和元年が5月1日よりスタートしました。そしてこのプロセスの中、Hey!Say!JUMP特需というか、今回のように雑誌表紙はもちろん、数々のメディアにHey!Say!JUMPが登場しました☆
 

 
全員が平成生まれということで、いわゆるヘイセイを冠した彼ら。古くならないように頑張りたいというメンバーがいれば、令和の時代に残るような名曲を出したいと語るメンバーもいます。
 
今回のアエラへの登場は、表紙も含めトータル8ページの収録。インタビューも掲載される予定です。
 
新しい令和の時代に、彼らがさらにどう進化していくのか。リアルな今の声を聞けますね☆
 

 
 
 
 
 
 

AERA(アエラ)で嵐の展覧会特集!!

嵐を旅する展覧会リポート!!AERA(アエラ)2019年7月15日号

さて7月1日より開幕した「ARASHI EXHIBITION JOURNEY 嵐を旅する展覧会」ですが、今回ご紹介するAERA(アエラ)2019年7月15日号では、この展覧会の模様が掲載されています☆
 
 

 
 
今回の嵐の展覧会、例えばスマホなどで撮影できるのは最後の一か所のみということで、要するに会場の模様や雰囲気はSNSなどでもあまり見ることができません。
 
ですので今回のレポに掲載されている何点かのフォトは結構ガチで貴重なんですよね☆