古市憲寿の芥川賞候補作を予約!「百の夜は跳ねて」はコチラ!!

古市憲寿の小説が再び芥川賞候補作に!!「百の夜は跳ねて」の予約&発売日速報!!

昨年末、芥川賞にノミネートされ話題を呼んだ古市憲寿さんですが、今期も候補作として連続ノミネートされることになり、再び注目されています☆
 

 
 

どんな小説なの?

今回候補作品としてノミネートされた古市さんの作品は「百の夜は跳ねて」というタイトルです。
 
ちなみに前回は「平成くんさようなら」という作品名でしたが、今回の作品の紹介では令和時代の文学の扉を開くと紹介されており、新しい小説像がフォーカスされた作品となっている模様です。
 
いわゆる「格差」を題材にした小説なのでしょうか。現代に生きること、そして出会い、このデジタルな時代にアナログで生きることはそう簡単ではありませんが、古市さんがこの「生」をどのように描いているのかとても楽しみですね。
 
 

通販ガイド

なお古市憲寿の芥川賞候補作「百の夜は跳ねて」発売日は2019年6月27日が予定されています。
 
芥川賞関連のニュースが告知されて以降、予約人気が盛り上がっています☆※在庫切れ、売り切れ注意!!
 
 
 ■ ⇒⇒ セブンネット で チェック !!s
  
 ■⇒⇒ 楽天ブックスでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ Amazonでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ヤフーショッピングでチェック!!
 
 ■⇒⇒ Wowma!(ワウマ)でチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ TSUTAYAオンラインでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ハイブリッド書店 hontoでチェック!!
 
 
 
 
 

古市憲寿の小説「平成くん、さようなら」

古市憲寿の小説「平成くん、さようなら」

各マスメディアに多数出演する、社会学者の古市憲寿さんが、この度小説「平成くん、さようなら」を発売しました。
 
 

 
 

どんな小説なの?

1989年から続いた平成の歴史もあとわずか。「平成くん、さようなら」は、この現代平成社会の日本を舞台に、安楽死が合法化されたというテーマで送る物語です。ちなみにこの作品に出てくる「平成くん」という主人公は、古市さん本人がモデルとも言われており、その点も興味深いです。
 
実際今回管理人も手にとって読んでみました。平成の終焉と安楽死という、リアルで切実なテーマ。現代世相とマッチする流れ、そしてロジカルなキーワードは多少出てきますが、全般的にとても読みやすかったです。
  
 

まだ買える?売ってる場所(お店、通販)は?どこ?


一応下記に、通販の紹介ページを記載しておきましたので、気になる方は是非お役立ていただければと思います。
 
 
 ■⇒⇒ 楽天ブックスでチェック!!
 
 ■⇒⇒ Amazonでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ セブンネットでチェック!!
 
 ■⇒⇒ 紀伊國屋書店でチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ ヤフーショッピングでチェック!!
 
 ■⇒⇒ TSUTAYAオンラインでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ 全国書店ネットワークe-honでチェック!!
 
 ■⇒⇒ DMM通販でチェック!!