ジョジョブラキとは?

MH3Gを動画で検索してみると「ジョジョブラキ」なるキーワードを度々目にすることがありました。なんとなくジョジョ4作目主人公のじょうすけ(すみません漢字忘れましたw)のリーゼントとブラキの頭部を掛け合わせた造語なんかなと思ってたのですが、
 
いわゆるイベクエ、激強のブラキのクエストのことだったんですね(汗)このジョジョブラキ、防御力を相当高めに設定しても、ガチでHPを削られるとかで、まさにこのジョジョブラキを倒すことでMH3Gをクリアしたともいえる内容だとか。
 
、、これは燃えてきましたw ブラキ自体は、そのモーションはそれほど特異ではないので、回避ミスのないよう集中して挑んでみたいと思います。
 
 
 
 

記念すべき3作目(3G)

たとえばFFにしてもドラクエにしても、だいたい3作目あたりで、初期の完成期を迎えますよね。
 
で、それはモンハンでも例外でなく、3Gでモンハンの1作目から続いた原点をベースに非常に完成度の高い作品が出来上がりました。
 
この3Gは水中戦など、ユーザーの不満もいくつかありましたが、いやしかし、ボリューム満点の素晴らしいソフトだと思います。
 
なので2019年現在再びプレイしてもガチで面白すぎますw
 
自分はここしばらくモンハン3Gにどっぷり浸かってみようかなと考えています。
 
 
 

ヘビィボウガンの序盤

MH3Gを最初からやり直して、ランスを使い始めたのですが、どうも自分にはしっくりこないので、結局大剣とヘビィボウガンに戻ることにしました。
 
ただ前回はスタートが大剣とライトボウガンだったので、ヘビィの序盤は新鮮です。というか、バカ強すぎですw
 
とくにしゃがみ撃ちの火力は半端ないですね。
 
今後はこのヘビィと大剣の立ち回りをさらにレベルアップさせていきたいと考えています。
 
 
 

防御性能について

モンハンを最初からプレイしてみてひとつ感じたことというか、自分なりの発見がありました。
 
いわゆる防御性能の大切さ、です。
 
モンハンをプレイしていくと、いかに攻撃力を高めるかにフォーカスしがちなものです。例えば大剣でいえば、抜刀会心、集中、破壊など、いかにこういったスキルを加えていくかが突破口となります。
 
そしてそれはもちろん重要なのですが、それと同じくらい防御力も大切なんですよね。
 
例えばラギアクルスと戦うときに、雷耐性の高い防具をつけ、さらにスキルで雷耐性を大にすると、実際に攻撃を受けてもほとんどダメージを食いません。
 
なので今回は、耐性以外にも回避性能だったり回避距離だったり、防御的側面も付加しながらプレイしてみたいと思ってます。
 
 

ランスに挑戦!

自分は基本、大剣とヘビィボウガンの二刀流でプレイしています。剣士とガンナーの両方できて、色々楽しいです。
 
ただそれ以外の武器をあまり試したことがなく、最近他の武器はどうなんだろうと少し興味が湧いてきました。
 
そこで最初から新しいセーブデータを作り、ランスに挑戦し始めたんです。
 
突き主体と盾によるガードを織り交ぜた、ランスの攻守一体の展開は、かなり刺激的で面白いです。
 
このランスに慣れたら今度はガンランスにチャレンジしたいと思ってます。
 
いやしかしモンハンは奥が深いですね☆