あるレスラーの引退

昨日、革命戦士こと長州力が引退試合を行いました。
 
卓越したレスリング技術、プロレスへの転向、咬ませ犬発言、Uとの激闘、WJの旗揚げ、マスターズへの参戦など、数々の歴史と刺激的なプロセス。
 
ファンとして試合はもちろん、試合以外でもそのアクションにいつもワクワクドキドキしながら応援していました。
 
 
管理人が印象的なのは、長州の体格差をモノともしない強靭な肉体です。リアルタイムで見れなかった試合がいくつかありますが、80年代や90年代、長州の周りには猪木がいて、前田がいて、ハンセン、ブロディ、全日本には鶴田がいて、皆190センチから2メートルクラスのレスラーばかり。
 
しかし長州はこのスーパーヘビー級のレスラーたちに対して、真正面からぶつかり合い、そして数々の勝利を手にしています。
 
一度アキレス健を断裂してしまいましたが、これはどちらかというとアクシデント的な要素が強く、その他は目立ったケガはありません。
 
超人という言葉がありますが、長州はまさにガチで超人だったと思います。
 
 
P.S.
昨日の引退試合後のリング。おそらく初めてじゃないですかね。聴衆がリングの上で笑顔を見せてくれました。鬼神のような長州も好きですが、笑顔の長州もイイですね。数十年間の現役生活。お疲れさまでした☆
 
 
 
 
 
 

昼寝をすると、、

例えばランチを食べた後、誰でも少し眠くなるときがありますよね。
 
基本食べ物が身体に入ると、消化活動が盛んになりますから、これはしょうがないこと。自分の場合はスマホを見たり、仲間と話したりしてましたが、最近は積極的に昼寝するようにしています。
 
結果的に午後の仕事が捗るというか、体感として疲れも回復するんですよね。
 
ただひとつ気を付けているのが、昼寝するのは20分まで。それ以上は寝ないようにしています。というのも、長い時間寝すぎると、少しボーッとしてしまうんですよね。また深い昼寝は夜の睡眠の妨げになると聞いたこともあります。
 
いずれにせよいわゆる休憩は脳にも必要。昼寝はここにピンポイントで効いてくれますね☆
 
 
 
 
 

牛乳以外でカルシウムを摂取するには、、

カルシウムの推奨摂取量を補おうとすると、例えば牛乳であれば、500mlくらいとなるのですが、管理人、昔から牛乳に強くないんですよね。低脂肪乳でもちょっとゴロゴロしたりもするんです。
 
なので、牛乳以外の食べ物で摂取できないかと調べてみたところ、
 
木綿豆腐、納豆、ひじき、こまつな、アーモンド、キャベツなど、いくつか出てきました。
 
カルシウムという観点以外でも体に良い食べ物ばかりですね☆
 
 
もちろん、摂取効率というか、吸収率は牛乳などに及びませんが、それでもある程度は摂取できますからね。食べないよりは幾分マシかなと。
 
しばらくこれらの食品を積極的に摂取していきたいと思いました。
 
 
 
 
 

スタン・ハンセンと蝶野が、、

自分は格闘技やプロレスが好きなので、HDDレコーダーにキーワードとして入力、いつも自動録画しています。
 
で、昨日は、レジェンドレスラーであるスタン・ハンセンが登場し、司会の蝶野とともに自身の試合を振り返る番組が録画されていました。
 
スタンハンセン、ブロディ、シン、ブッチャー、テリー&ドリー、レジェンドレスラーたちの乾坤一擲な闘いは、今持っても色あせず、ガチで素晴らしいです。
 
しかもあの頃のトップレスラーは、今現在に比べて医療やフィジカル情報も少なかったにもかかわらず、ほとんどの選手が現役中に致命的なケガを追っていません。もちろん蓄積的な各所の痛みなどはあるでしょうが、選手生活に支障をきたすような大けがはほとんどないのではないでしょうか。あれほど苛烈な試合をしているにも関わらず、です。
 
で、ハンセンといえば、ウェスタンラリアートのように猛烈な攻めが印象的ですが、受けのスキルも凄まじいですよね。一見ダルそうに倒れても、基本に忠実、しっかり受け身を取っています。
 
録画はまだ半分しか見ていないので、今日はこれから後半を見てみたいと思います。楽しみです☆
 
 
 
 

雨が降った時の匂い

さて梅雨の季節真っ只中の昨今。本日も雨が降りそうなので、サイクリングでの有酸素運動はパスして、代わりにジョギングをしてきました。
 
で、最初玄関から外に出たときに、独特のにおいというか、雨が降りそうなときって、ちょっと何かしらにおいがしませんか?
 
これ何なんだろう?とふと気になり、ジョギングを終えて帰宅してからちょっと調べてみたんです。
 
 

すると、その正体はズバリ化学物質。
 
雨が降りそうになると湿度が上昇しますよね。湿度が高くなることにより、鉄分を触媒としてペトリコールという物質が生成されるとのこと。
 
また雨が降り始めると、ペトリコールは流されますが、今度は雨露で地面や土の湿度が高まると、今度はバクテリアが活性化し、空気中のほこりと反応し、ゲオスミンという物質が生成されます。
 
 
つまり、雨が降る前と降った後、ペトリコールとゲオスミンが匂いの正体だった、、ということになります☆
 
 
以上、本日は雨が降った時の匂いについて書いてみました♪