ゆで卵の賞味期限や保存期間は生卵に比べて短い??

タンパク質を効率的に摂取する場合、コストパフォーマンスで考えると鶏のむね肉が一番良いのですが、
 
しかし、
 
 
毎日毎食、鶏肉はキツイですw
 
 
なので、鶏肉をあまり食べたくないときは、ゆで卵からタンパク質を摂取するようにしてます。
 
 
ただこれまた毎回毎回茹でるのも面倒なので、一気に複数個を茹でてしまいたいのですが、気になるのが賞味期限ですよね。
 
 
そもそも生卵とゆで卵って、保存期間や賞味期限は違うのかなと。同じだったら、パックに記載の賞味期限に合わせて冷蔵庫で保存できますしね。
 
 
で、ちょっと調べてみた結果、、、
 
 
 
殻が付いている状態、そして冷蔵保存でなんとたった3日、、、(汗)
 
 
さすがに常温保存は無理だろうと思ってましたけど、冷蔵庫にいれてもたった3日しか持たないんですね。
 
また殻が割れていた場合や半熟卵の場合は、保存は避けたほうが良さそうです。
 
 
 
以上、ゆで卵の保存、賞味期限でした。
 
 
 
 
 

 
 

なぜ?読書の秋、食欲の秋、芸術の秋、その驚くべき理由とは??

学生時代、秋になると「読書の秋」にかけて読書月間みたいな企画が毎年あったり、体育祭が「スポーツの秋」にかけて行われたりしてました。当時はとくに意識することなく、そういうものなんだろう(呑気)と思ってましたが、
 
そもそもこの○○の秋って何なんだろう?って、2018年初めて不思議に感じまして、ちょっと調べてみたんです。
 
 
 
すると、全般的に当てはまるのが、秋は暑くもなく寒くもなく、何か行動するのにちょうど良い季節という定義。
 
 
で気温だけでいえば、春もそうなんじゃないの?という気もしますが、春は4月始まりという年度最初の季節だったり、しばらくすると梅雨があったり、まあ秋に比べてわさわさ忙しいので当てはまらないとのこと。
 
 
また食欲の秋に関しては、いわゆる「収穫シーズン」という、さらにピンポイントな理由がありますね。それと冬眠に備えた栄養物の貯蔵という、人間が持っている原始的な本能があるとかないとか。
 
まああんまり秋太りって聞かないですけれども、注意するに越したことはないかもですね。
 
 
以上、また何かありましたら記載してみたいと思います☆
 
 
 
 

縮んだセーターをリンスやコンディショナーで・?意外な使い道がたくさん、、

この間、初めて使用してみたコンディショナーなんですが、どうも自分の髪質には合わないというか、違うリンスに変えてみようかなと思ってるんです。
 
ただ、コンディショナーはコンディショナー以外に使い道はないと思っていたので、もったいないけど捨てちゃおうかなあと考えていた矢先、電車の中で「リンスやコンディショナーって柔軟剤代わりに使えるんだよね」と、まさに自分にとってピンポイントなネタが聞こえてきました。
 
その乗客さんたちは、その会話の後?最中に降りてしまったので、その後のお話は聞けませんでしたが、少し気になったので自分でもスマホよろしく調べてみたんです。
 
 
するとすると!
 
水で薄めたコンディショナーにタオルを浸し、かたく絞って拭くとほこりがつきにくくなる、朝の寝癖にちょっとつけてブローするとすぐなおる、縮んだセーターをリンスやコンディショナーにつけ置きすると改善する、、、などなど、色々でてきましたよ☆
 
 
何気に色んな使い道がありそうですね。早速試してみようと思ってます☆
 
 
 

ダイエット 朝ごはんはがっつり、夜は、、

例えばダイエットの基本として、3食バランス良くといったことを良く聞かれると思います。
 
ただ現実的にですね、結論としては一食ずつ、栄養素もカロリーもバランス良くというのは非常に難しいです。それこそ現代人はそれほど暇じゃないというかw、ダイエット以外にもやらなきゃいけないことが多いので、そうそう理想どおりにいかないんですよね。
 
で、自分の場合はこの方法で何度か挫折したので、思い切って自己流にアレンジしてみたんです。
 
 
簡単にいえば、朝大夜小。これは炭水化物(糖質)と脂質は朝は多めに、夜は少なめに摂るという方法です。
 
逆にタンパク質は夜寝るときの筋肉再生のために、朝小夜大としました。
 
 
実際このノウハウを実行してみると、一日のうちでメリハリがあるので、わりと長く続けられたというか、以降何度もこの方法で成功しました。
 
逆に夜に炭水化物を多めに摂ると確実に太りますねw
 
 
以上、また何かありましたら記載してみたいと思います。
 
 
 
 
 

プロレスや格闘技を生観戦する場合の席の選び方!ちょいと暴露します

自分はかれこれ20年くらいプロレスや格闘技を観戦しています。普通に見に行ける近場の会場であれば生観戦してますし、遠方で興行が開催される場合はネットなどで視聴しています。
 
そこで今回は、今後格闘技やプロレスを生観戦する予定の方、とくに初めての生観戦で一体どんな席を取れば良いのか迷っている方向けに、座席のチョイス方法などを紹介してみたいと思います。
 
 
まず最初の選択肢として、アリーナで見るかスタンドで見るか、ここが最初の分かれ目になると思われます。
 
もちろんできるだけ近くで見たいという方にはアリーナがオススメなのですが、ここでひとつ要注意なポイントがあります。
 
たとえアリーナでも後ろの方に座ってしまうと、寝技の攻防がほとんど見えないってことです(汗)。逆にキックなんかの立ち技系であれば大丈夫なのですが、総合格闘技の場合は1度寝てしまうと、かなり視覚的に難しくなります。なので、総合をアリーナで見る場合は、オーロラビジョンが見やすい位置をチョイスすることが懸命となります。
 
一方、スタンドはやはり見やすいです。リングサイドに比べればちょっと離れてしまいますが、でもスタンドの前の方ですと、それほど距離感を感じないことがほとんど。例えば横浜文化体育館や代々木体育館のスタンド1列目はかなり近く感じます。
 
 
自分はそれこそ数え切れないほど生観戦してきましたが、最終的に落ち着いたのはスタンドの1列目でした。視界をさえぎるものは何もなく、角度的にも寝技の攻防がちゃんと見えますし、さらにオーロラビジョンが見やすい方向にあれば、もう言うことなしです。
 
 
以上、なにか参考になれば幸いです。ではまた☆