納豆の摂取と時間帯

ズバリ健康食の代表格でもあるような「納豆」。とくにナットウキナーゼという栄養分は、いわゆる血液サラサラ効果が期待できるといわれ、かなり注目されています。
 
またカルシウムや亜鉛など、各種ミネラルも含有されているので、できるだけ定期的に摂取するようにしたいですね。
 
 
そもそも納豆といえば納豆ごはんをイメージされる方が多いと思います。そして納豆ごはんといえばやはり朝食に摂る方が多いですよね。
 
 
しかし実は納豆は夜に摂取するほうが好ましいとされています。
 
 
というのも、体内で血栓ができやすいのが夜間といわれています。つまり夕食に納豆を食べることで、このタイミングでナットウキナーゼの効果を当てるということですね。しかもナットウキナーゼは10時間から12時間も働き続けるといわれていますので、翌日の朝までもつということになります☆
 
また睡眠に効果的なカルシウムも含まれていますので、やはり朝より夜に摂取したほうが良いですね。
 
 
 
 
 

自動製氷機のお掃除してますか?

自動製氷機といえば、今やほとんどの冷蔵庫に実装されている機能ですよね。ただ水を入れるだけで勝手に氷を作ってくれるこのシステムはとくに夏場に重宝します。
 
 
しかし、この便利な自動製氷機、定期的にお掃除しないとダメみたいですね。水と氷ですので、いわゆる汚れといったイメージはしにくいせいか、冷蔵庫を購入して以来ほとんど製氷機の掃除をしたことがないというかたが意外と多いんですよね。
 
ただこれを放っておくと、氷にカビがついてしまうこともあるという、正直ガチでこわいリスクもあります。たとえば水を入れるタンクに汚れが付着していると、当然そこでできた氷は不衛生となります。
 
もともとメーカー側でもタンクなどのお手入れを一週間に1度程度おこなうことをオススメしているので、できるだけマメに掃除したいところですね。
 
 

カレーに醤油は果たして絶妙か?

さすがに2000年代に入ったあたりから、各メーカーのカレールーの味の精度は完成の域に入ってますので、そのままでも充分美味しいんですが、
 
でも、ここにちょっと工夫を加えると、さらに美味しくなります☆
 
 
まずはたまねぎ。カレーのたまねぎといえば、じっくり飴色になるまで炒めて、コクを出すというのが定番ですよね。ただこれ、結構時間繋りますし、正直ガチで面倒だったりしますw
 
ところがこの飴色のコクをラクラク簡単に素早く出しちゃう方法があるんですよ。
 
 
ズバリ砂糖をたまねぎに振り掛けて炒めます。砂糖を熱すると、いわゆるカラメル的に、ちょっと焦げた加減になりますよね。これを応用するんです。
 
 
わりと短時間で甘苦い、絶妙な味わいのたまねぎが完成します。
 
 
 
そして他の材料、ニンジンや肉、ジャガイモは通常通り炒めてゆでます。カレールーも紹介されている分量どおり入れます。
 
 
で、とろみが付いたら完成!!、、、、ではなく、最後のひと工夫!!
 
 
 
しょうゆを一回りかけます。
 
 
これがかなりポイントでして、カレーにしょうゆを入れることで、一気に味が締まります。絶妙なインパクトを演出できるというか、ズバリ言ってしょうゆの存在感はスゴイっす。
 
 
ただ、カレーにしょうゆをかけるって、それほど一般的でないので、ちょっと抵抗を覚える方もいるかもしれません。
 
そういう方は、小皿に出来上がったカレーをそそり、そこに醤油をちょっとかけて味見してみてください。おそらくほとんどの方が美味しく感じると思いますよ☆是非お試し下さい♪
 
 
 
 
 

簡単なストレス解消法

最近マイブームというか、体の疲れやストレスが抜けていく解消法を発見したのでシェアしてみたいと思います。
 
 
ズバリ闇風呂、です。
 
 
聞きなれない方がたくさんいると思いますが、これは読んで字の如く、お風呂場の明かりを消して入浴する方法です。
 
自分は脱衣所の電気も消してますので、文字通り真っ暗な入浴となります。
 
 
暗闇の中での入浴ということで、視覚情報の刺激から遮断され、瞬間的に深いリラックス状態を味わうことができます。実際眼の疲れにも良いようです。
 
何も見えないことがこれほどリラックスできることなのかと、今でもかなり不思議ですが、ゆっくりじんわりと疲れが取れる気分になりますよ♪
 
 
 
 

天気と体

昔から雨や曇りの日は、なんだか気持ちも身体も低活動モードになってしまいます。
 
単純に風景が暗いからなのかな、と思っていましたが、実はこれ、ちゃんと科学的に根拠があるらしいのです。
 
 
例えば逆に高気圧の場合は空気が多くなるため、酸素の分圧も増えます。これは単純に酸素が多い状態と解釈していただいても構いません。そして酸素がたくさんあると、活動をつかさどる交感神経が優位になります。
 
そして低気圧の場合は、対照的に酸素の分圧が少なくなるので、身体は副交感神経優位になるのです。
 
 
何気に天気一つ変わるだけで身体にいろんな作用があるんですね☆