ドラクエ11(DQ11S)、ロトエディションの予約は、、

ロトエディションの予約は在庫の売り切れ前に!!

ドラクエ11がスイッチで発売されることが決定して以来、ちょっと予想してワクワクしてましたが、、やはり☆!!来ましたスイッチ同梱版のロトエディションです!!
 
 

 
 

通販インフォメーション


なおドラクエ11(ロトエディション)発売日は2019年9月27日が予定されています。
 
通販でも予約人気が盛り上がっています☆
 
ただこういった限定バージョンは必然的に在庫切れ及び売り切れの可能性が高くなりますので、この点気をつけたいところ。
 
そこで一応下記に、通販の紹介ページを記載しておきました。気になる方は是非お役立ていただければと思います。 
  
 
 ■ ⇒⇒ セブンネット で チェック !!s
 
 ■⇒⇒ 楽天ブックスでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ Amazonでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ヤフーショッピングでチェック!!
 
 ■⇒⇒ Wowma!(ワウマ)でチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ TSUTAYAオンラインでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ノジマオンラインでチェック!!
 
 
 
 
 

胸アツな展開

ドラクエ11の発売当初、プラットフォームはPS4と3DS、そして確かスイッチも出るような告知があったと記憶しています。ただあの時点でメインはやはりPS4と3DSで、何かしらゲーム内容の情報が発表された時点でも、スイッチ版の発表はなかったみたいな流れだったんですよね。
 
なので今回スイッチ版の発売が正式に発表されたときは「ついに来たか!」と快哉を叫んでしまいました。奇しくも管理人、ちょうどPS4のドラクエ11を再プレイしている最中でして、ここにボイスが来るのかとか、オーケストラでBGMを再生できるのかとか、いろいろ妄想してしまいます☆
 
まあ実際早くスイッチでプレイしてみたいという気持ちはこれまでもちろんありましたが、今の時期でよかったと思います。というのも、スイッチは発売直後から市場の在庫が少ない時期が長く続きましたから、あの時期にドラクエのスイッチ版が出ても、すぐにプレイできる人が少なかったかもしれませんし。
 
そして今回はご紹介のとおり、同梱版も出ますね。PS4でもロトエディションがありましたので、正確にはスイッチ版のロトエディションということになります。ちなみに3DSの同梱版ははぐれメタルエディションでした。
 
発売は9月!!これはガチで楽しみですね☆
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!ドラクエ11(ロトエディション)の予約詳細はココ!!
 
 
 
 
 
 

2D画面と3D画面を選択することができます!!

もともと見おろし型の2D画面はDS、リアルなグラフィックが特徴的な3DモードはPS4でしたので、今回のスイッチ版は一体どうなるのだろうと思ってました。
 
そもそもスイッチはテレビ画面をモニターとするバージョンと、携帯ハードとしてのバージョンの両方がありますからね。
 
これはもしかして2Dと3D両方来るんじゃないか?いやまさか?と期待に胸を躍らせてました。
 
 
で、ふたを開ければ2D画面と3D画面の選択が可能!!
 
 
しかもゲーム途中でも切り替えれるというさらに嬉しいお知らせが☆
 
 
これも嬉しいですね。
 
 
 
自分はPS4メインでやってたんですが、グラフィックがリアルというメリットがある反面、総体的な世界地図のイメージがなかなか掴めなかった記憶があります。
 
もちろんルーラを使うときに、行き先の町がどのへんかはちゃんと表示されるのでそれはわかるのですが、周辺の地形だったり、どこがどうつながってるのかどうも直感的にわかりづらかったんですよね。
 
 
で、こういうときにパッと2Dに切り替えれたら、イメージが湧きやすいと思うんです。
 
 
これはガチでイイ機能が搭載されることになりましたね。
 
 
 
■スイッチ本体同梱版、ロトエディションの予約は⇒⇒ コチラ
 
 
■ソフトのみ、ゴージャス版の予約は⇒⇒ コチラ
 
 
 
 
 

ボイスと声優さん一覧

ボイス機能あれこれ☆

 
さてスイッチ版ドラクエ11の目玉要素といっても良い、ボイス機能。今回はこのボイス機能について色々見ていきたいと思います。
 
 

ドラクエ11SのSはしゃべりのS?

 
ちなみに今回はドラクエ11Sというタイトルですが、
 
この「S」は
 
もちろんスイッチのSでもあり、
 
今回のボイス機能としての、しゃべるのS、声優のSなども含まれている模様です。
 
 
 

ボイスの設定

ちなみにゲーム上では、サウンド設定からボイスを色々調節することができます。
 
まずボリューム設定、ですね。これは、なし から始まり、1から10までの段階で大きさをセレクトできます。
 
 
つまりボイスのボリュームをゼロにすることも可能、ということですね。ボイス機能が好きじゃないという方は、この「なし」に設定するとよいですね。
 
 
次に、ボイス自動送りのオン、オフ機能。一度聞いたことのあるボイス、今は聞きたくないボイスはボタン一つで、その時のセリフを飛ばして次に進むことができます。
 
 
そして最後は主人公の息遣い、ですね。ボイスが機能がついても主人公はセリフをしゃべりません。そもそも主人公が話す場面がないですよね。
 
ただ戦闘中の息遣いはボイス機能が付加されています。
 
この息遣いをオンオフできる、というわけですね。
 
 
 

主要キャラの声優一覧

また今回のボイスは仲間キャラだけでなく、町の人々やボス級の敵キャラなど、100名を超えるキャラにボイスがついているとのこと。
 
ちなみに主要キャラの声優さんは、
 
 
主人公   斎賀みつきさん
カミュ  内山昴輝さん
セーニャ  雨宮天さん
 
ベロニカ  内田真礼さん
シルビア  小野坂昌也さん
ロウ   麦人さん
 
マルティナ 小清水亜美さん
 
 
以上になります。早く声優さんたちのボイスを聴きながらプレイしてみたいですね☆
 
 
 
 

 
■スイッチ本体同梱版、ロトエディションの予約は⇒⇒ コチラ
 
 
■ソフトのみ、ゴージャス版の予約は⇒⇒ コチラ
 
 
 
 
 
 
 

追加ストーリーいろいろ(DQ11S)

さてスイッチ版のドラクエの特色として興味深いのが、
 
 
仲間キャラクターがそれぞれ主人公となる追加ストーリーがある、という点。
 
 
ちなみに追加ストーリーというと、エンディング後のストーリー?と連想される方も多いと思いますが、
 
 
今回はエンディング後ではないとのこと。
 
 
 
実際発売告知後にアップされた動画を見てみると、
 
 
・カミュはホイミスライムと一緒にいますので、ドラクエ4のライアンみたいに、二人パーティでしょうか?
 
・シルビアは船上
 
・マルティナはブギーとの戦闘シーン。
 
・グレイグはホメロスと対峙。
 
・ロウはイケない本を読んでます。
 
 
 
以上のようなワクワクな展開が描写されています。実際どんなストーリーとなるのか、とても楽しみですね。
 

 
※ ドラクエ11S ロトエディションの予約は ⇒⇒ コチラ!!