ミニファミコン(ジャンプ)の在庫あり?売り切れ?

ミニファミコン(ジャンプ版)が売ってない!?再販や再入荷予約など

数ヶ月前、突如発表されたミニファミコンのジャンプバージョン!早くも予約注文が殺到している模様ですね(汗)
 
 
 

 
 

収録タイトルは?

最初ミニファミコンのジャンプ版と聞いたとき、真っ先に思い浮かんだのが、ズバリ「ファミコンジャンプ」でした。ときはファミコン時代の黄金期、そしてともにジャンプも隆盛を極めた時期であり、この最強タッグともいえる双極のコラボが実現!
 
ジャンプのキャラクターが軒並み登場するなど、今考えると権利関係の調整とか大変だったんじゃないかと思いますけど、でもやっぱり数あるソフトの中でも印象深いゲームです。
 
そしてこのファミコンジャンプももちろん今回収録されます。しかもパート2まで入ってるという嬉しいご配慮賜りましてでございます☆
 
 
その他、キン肉マンや北斗の拳、キャプテン翼など、当時の人気漫画のソフトもバッチリ入ってますよ♪

 

本体の仕様は?

先に発売されたミニファミコンのノーマルバージョンと比べ、一番大きな違いがいわゆるジャンプ的なデザインとなっていることですね。
 
またファミコン本体のホワイトの部分がゴールドになっていて、これなかなかカッコ良いです☆
 
 
 
 

発売日当日に購入できるの?

今回のミニファミコンのジャンプバージョン発売日は2018年7月7日が予定されています。で、この日に購入できるかどうかは一概にYesともNoともいえませんが、過去のミニファミコンやミニスーファミと同様、人気が爆発するのはほぼ既定と思われます。ですので当日に量販店などで購入をお考えの方は、やはり行列の可能性が高いことをおさえておきたいですね。
 
 
 

品切れ?完売?まだ注文できるの?


やはり確実にゲットされたいのであれば、通販などで予約されることをオススメしています。ただ予約に際しても、その分の在庫切れ及び売り切れも起こりえますので、興味のある方は早めの確認をオススメしています☆
 
 
 ↓    ↓
 
 

 ■⇒⇒ 楽天ブックスでチェック!!
 
 ■⇒⇒ Amazonでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ セブンネットでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ヤフーショッピングでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ TSUTAYAオンラインでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ノジマオンラインでチェック!!
 
 
 
 

一番遊んだソフトは??

今回はジャンプに関連する色んなソフトが収録されていますが、自分がこの中で遊んだゲームをランキングにしてみると、
 
1位 キャプテン翼
2位 ドラゴンボール3
3位 北斗の拳
4位 キャプテン翼II
5位 ドラゴンクエスト
 
以上になります。ファミコンジャンプは?という声が聞こえてきそうですが、プレイすることはしたのですが、印象が強いわりにのめり込むほどじゃなかったんですよね。どちらかというと弟がプレイ視しているのを横から見てる感じというかw
 
逆に1位のキャプテン翼はやり込みました!まずコマンド入力でサッカーゲームが展開していくというこの斬新さ!!当時はリアルに衝撃を受けましたよ☆それと2作目はワザや音楽が格段に進化してこれも楽しめましたね。ピンチの時にはシュートせずに、日向小次郎の「ごういんなドリブル」をキーパーにしかけてゴールするとかやってました。あと東邦戦や西ドイツ戦のBGMも好きです。
 
ですのでファミコンジャンプを購入したら、まず真っ先にキャプテン翼IIをプレイすると思います☆
 
 
また他のサイトで人気投票を見てみたところ、1位が ファミコンジャンプII、2位がキン肉マン キン肉星 王位争奪戦という、なかなか意外なランキングになってました。
 
 
あなたはどのソフトで遊んでみたいですか?
 
 
 
■■■⇒⇒ 早い者勝ち?ミニファミコン(ジャンプ版)の予約詳細はココ!!
 
 
 
 

各収録ソフトの思い出

  
■キャプテン翼
 
「くっ!ガッツが たりない」
このコメント、覚えているでしょうか。キャプテン翼は、RPGでいうところのHPやMPが、ガッツという単位で表され、これがドリブルやシュートを放つたびに消費されていくというシステムが取られています。
 
極端な話、ずっと翼でプレイしていると、ガッツはすぐに消費されつくし、上記のようなコメントが出るというわけですね。
 
とくに必殺技のガッツ消費は激しいので、好き放題必殺技を出しまくるというチートめいた展開はできなくなっています。
 
 
で、前述のようにこのキャプテン翼は、コマンド入力でゲームが展開する斬新さや、それに加えてゲームバランスもよかったのですが、ただひとつ腑に落ちない点がありまして、
 
 
ズバリ言って岬くんに会えません。
 
 
岬くんに会うためには、ゲーム中盤のアドベンチャー的プロセスを解かないといけないのですが、何も予備知識がなくチャレンジしてしまうとあっという間に岬くん探索の旅は終了。その後岬くん抜きでクリアしなければならないという、非常に不条理な展開が待っています。
 
 
ですのでミニファミコンのジャンプ版でここをプレイするときは、是非ネットなどから情報を拾い、プレイすることをオススメします。
 
 
 
 
■キャプテン翼II スーパーストライカー
 
文字通りキャプテン翼の続編です。1作目の2年後に発売されました。1作目だけでなく2作目もミニファミコンに収録されているのが嬉しいですね☆
 
 
基本的なゲームシステムは1作目を踏襲しましたが、グラフィックや必殺技、そしてBGMなどが、格段にバージョンアップされていて、かなり楽しめました。とくにヒールリフトのグラフィックは当時かなり興奮した記憶があります。そしてストーリーもいきなり翼がサンパウロチームに所属しているところから始まるなど、ゲーム独自の展開が多く、ここらへんも新鮮でしたね。設定としてはコミックスの37巻の続きとされているようで、ここらへんもファンとしたらかなり涙モノ!
 
また例えばパスを出すにしても、ピンポイントでその選手の位置に出すのではなく、ちょっと前や後ろに着地するように出すと、その選手がちゃんと拾ってくれたり、ゴール前で連続スルーするとキーパーがバランスを崩すなど、随所に細かい仕掛けが施されており、序盤から終盤まで1度も飽きずにプレイしました。
 
 
ただシュナイダー率いる西ドイツ戦はかなりの強敵です。だからこそ面白いんですけどね☆
 
 
 
 
つづく
 
 
■■■⇒⇒ 早い者勝ち?ミニファミコン(ジャンプ版)の予約詳細はココ!!