ストレスとアウトプット

生きている以上、ストレスは避けられない問題です。ですので、できるだけストレスを感じない、遭遇しない手立てというより、実際にストレスを抱えてしまった場合、どう対処するかという手段の方が大切だったりします。
 
 
自分はこの対処法の一環として、とにかくアウトプットすることを心がけています。自分の話を聞いてくれる相手、信頼できる相手に、そのストレスを具体的に話す、もしくは紙に書いてアウトプットする、実際これだけでもかなりの解消感を得ることができます。
 
しかし対照的に内にこもる、全くアウトプットしないというのはまずいです。自分も一時、そういう時期がありましたが、これを続けてしまうと体調を崩したり、さらに悪い状況になったり、いわゆる悪循環になってしまうんですね。
 
 
しかし上記のようなアウトプットを心がけてから、心身ともに状態は最高です。こういった良い習慣をできるだけ続けていきたいですね。