液晶とブラウン管と有機el、それぞれの寿命比較

自分がメインで使用しているパソコンは最近購入したものなのですが、サブで使っているデスクトップパソコンがもう一台あります。こちらのモニターは10年前に購入したのですが、まだ全然現役というか、1度も不具合を起こしたことがありません。
 
 
そもそもモニターの寿命はどれくらいあるのだろう?とふと思い、ちょっと調べてみました。
 
 
まず液晶ですが、なんと約6万時間。1日8時間視聴したとしても約20年も持つ計算になりますwということは、自分が使用しているモニターは少なくともあと10年、いや8時間も使ってないので、さらに使える計算となりますw
 
 
またそれに対してブラウン管と有機elは3万時間と、こちらは液晶に比べて比較的短いですね。
 
 
そして最近はほとんど使われなくなりましたがプラズマは10万時間と一番長いです。
 
 
 
さらに突っ込んで調べてみると、液晶の場合はたしかに寿命は他の形式に比べて長いものの、映像を投影するバックライトの明るさは徐々に減っていくので、仕様開始直後の明るさと経年の明るさではやはり差が出るとのことです。
 
いつも使用していると、以前の明るさがどれくらいあったのかはなかなかわかりずらいですが、消耗してることには変わりないんですね。