洗いすぎにも要注意

暑い季節にシャワーは欠かせません。もちろんシャンプーやボディソープを使って常に清潔に保ちたいもの。
 
 
しかし、じつはここに穴があるというか、、
 
 
ボディソープにしてもシャンプーにしても、使いすぎると余分に皮脂を落としてしまいます。すると皮脂がなくなった身体は、当然皮脂を分泌せよ!と命令を出すのですが、このような場合、今度は過剰に皮脂を出してしまうというリスクがあるのです。
 
 
また人間は本来、常在菌と呼ばれる保湿成分を生成する菌が存在します。この常在菌が餌としているのがズバリ皮脂。つまり皮脂がなくなってしまうと、常在菌が増えることができず、結果保湿機能が低くなってしまうとのこと。
 
  
たとえば福山雅治さんやタモリさんが入浴するときにボディソープや石鹸をつかわないという、じつは結構有名な話があります。
 
一瞬「えっ?」って思っちゃいますが、おそらくタモリさんや福山さんは、余分に皮脂を落とさないことで、常在菌がしっかり肌を保湿してくれてるのかもしれません。
 
 
何事も過ぎたるは及ばざるがごとしで、洗いすぎにも要注意ですね。