昼寝と効率性

いわゆる休息を取ることによる作業の効率性が謳われて久しいですが、最近では昼寝を取り入れる企業が増えているようですね。
 
実際、例えば筋肉を付ける場合でも、筋肉痛時における休息は絶対条件でもあり、そう考えると、脳の休息も意識的に取り入れたほうが良いかもしれません。
 
実際仕事をしているときは、誰しもが程度の強弱はあれ緊張や集中状態であり、これをそのままキープしてしまうと、いわゆるオーバーワークになりかねませんよね。
 
 
ただ昼寝するときの注意点として、あくまで20分前後くらいがちょうど良いといわれています。あまりにも長い時間昼寝をすると、夜に眠れなくなるリスクがあるそうなので。自分はいつも15分程度の昼寝をしてスッキリしています☆