近くのモノばかりを見ていては、、

30年くらい前ですかね、いわゆるファミコン時代、その猛烈な人気ぶりに、子どもたちのゲームのやり過ぎを問題視する風潮が沸き起こりました。そしてそれを危惧したメーカー側による「ゲームは1日1時間!」というセリフがありましたが、現代ではこういった世論はどうなんでしょうね。
 
それこそ今は多種多様なゲームハードが発売され、加えてスマホも浸透。子どもたちがグラフィックメディアに触れる機会は昔に比べてかなり増えたのではないかと思います。
 
 
ただもちろん、ゲームの世界は素晴らしいです。問題なのはやり過ぎということ、ですね。
 
 
例えばずっと近くのものを見つめてばかりいると視力は確実に落ちます。なので、ゲームを少ししたら外で遊ぶとか、遠くを見る時間を意識的に取り入れることで、視力低下はだいぶ防げるのではないでしょうか。