スタン・ハンセンと蝶野が、、

自分は格闘技やプロレスが好きなので、HDDレコーダーにキーワードとして入力、いつも自動録画しています。
 
で、昨日は、レジェンドレスラーであるスタン・ハンセンが登場し、司会の蝶野とともに自身の試合を振り返る番組が録画されていました。
 
スタンハンセン、ブロディ、シン、ブッチャー、テリー&ドリー、レジェンドレスラーたちの乾坤一擲な闘いは、今持っても色あせず、ガチで素晴らしいです。
 
しかもあの頃のトップレスラーは、今現在に比べて医療やフィジカル情報も少なかったにもかかわらず、ほとんどの選手が現役中に致命的なケガを追っていません。もちろん蓄積的な各所の痛みなどはあるでしょうが、選手生活に支障をきたすような大けがはほとんどないのではないでしょうか。あれほど苛烈な試合をしているにも関わらず、です。
 
で、ハンセンといえば、ウェスタンラリアートのように猛烈な攻めが印象的ですが、受けのスキルも凄まじいですよね。一見ダルそうに倒れても、基本に忠実、しっかり受け身を取っています。
 
録画はまだ半分しか見ていないので、今日はこれから後半を見てみたいと思います。楽しみです☆