算数と数学の違いとは?

小学校から中学校へと進級するとき、なぜか算数だけ数学という科目名へ名称が変わります。
 
で、自分も含めて多くの方が「そういうものだから。」と、たいして気にすることもなく数学に移行するわけですが、
 
ではそもそもこの変更は何故なのか?
 
 
以前大学生のときに家庭教師をしていた時期があったのですが、その時の教え子に聞かれたことがあったんです。で、分からないままにしておくのもあれなので、ちょっと調べてみましたら、、
 
 
これはわりと明確にその根拠がありまして、ざっくり簡単に言えば、算数は単純に計算のノウハウを知ることに重点が置かれ、数学は答えに至るまでの過程を研究する学問である、という定義がなされていました。
 
 
なるほど確かに数学になってから、いわゆる「証明」の問題などが出てきますので、このプロセス重視な方向性が基盤になっていたのですね。
 
 
以上、今回はちょっと昔を思い出して書いてみました☆