早く寝たほうが良い、、のはそもそも何故なのか?

早く寝たほうが良い と昔から古今東西で言われています。
 
ではそもそもなぜ早く就寝することが身体に良いのか。
 
そのひとつの理由に、成長ホルモンの分泌があると言われています。
 
 
成長ホルモンは筋肉量の増加、糖質のエネルギーへの変換、体脂肪の減少、各種ミネラルの利用効率のアップなどなど、つまり体の健康力をアップさせる役割をもちます。
 
そしてこの成長ホルモンの分泌は、夜10時から夜中の2時までが最も多く、そして寝ているときに多く作られ分泌されるといわれているのです。
 
つまり早く寝ることはそのまま成長ホルモンの分泌を高めることになるのです。
 
 
また年をとればとるほど成長ホルモンの分泌は減りますので、子供よりもむしろ大人の方が早く寝たほうが良いということになりますね。
 
 
以上、本日は早く寝ることのメリットについて書いてみました。