正しくは「的を射た」

先日あるサイトを見ていたら、「的を得た発言」を見つけたのですが、正しくは「的を射た」ですね。
 
このようにわりと良く使う言葉で意味が混同していたり、使い方を誤ってしまうものがたまにあります。
 
 
例えば「速攻」と「即効」。
 
どちらも似たようなイメージを持ちがちですが、しかしそれこそ似て非なる意味をそれぞれ持っています。
 
 
速攻の方は、例えば競技などにおいて素早く攻撃するという意味を持っています。格闘技などで早く決着がついたような場合は、こちらですね。速攻勝負となります。
 
一方即効の方は、ものの効果が早く出るという意味合いが強いです。
 
 
よくよく考えれば後ろの文字が「攻」と「効」ですから、ここに着目すればおのずと意味がつながっていきますね。