モンハンの面白さとは何か?

先の記事でモンハンに久しぶりにハマッたことを書きましたが、そもそもモンハンはなぜこんなに面白いのだろうか、何故こんなにユーザーを魅了し続けるのか、、、少し考えてみました。
 
 
いわゆるアクションとしての操作性や、武器の派生などを発端としたキャラ育成など、パッと見、その要素はいくつかすぐに思い浮かびます。
 
しかしそれは他の人気ゲームにも見られる傾向で、モンハンがズバ抜けて面白い根拠としてはちょっと弱いんですよね。
 
 
で、さらに熟考して出た答えが、モンスターとのバランス、でした。
 
 
例えば一般的なゲームは育成の過程が面白いのはモンハンと共通していますが、後半のある時点まで行って、その育成が到達してしまうと、主人公が強く「なりすぎ」てしまうんですよね。
 
そもそも育成とは主人公の強さなどステータスを高めていく過程ですが、それを突き詰めてしまうと、今度はほぼ無敵になってしまって、ゲームに面白味がなくなっちゃうんでうよね。
 
 
ところがモンハンの場合は、ある程度まで強くはなれるんですけど、強くなる限界値が存在するので、後半にいっても、ラクラク倒せるモンスターはそう出てきません。
 
もちろん自分のプレイスキルを高めていけば、いわゆる最強になれますが、そこまで行くのは結構難しかったりします。
 
 
したがって、ある程度長期的に「強くなりたい」というモチベーションを保ったままプレイできるんですよね。
 
 
ここらへんがモンハンの面白さの要因ではないかと思うのです。