納豆の摂取と時間帯

ズバリ健康食の代表格でもあるような「納豆」。とくにナットウキナーゼという栄養分は、いわゆる血液サラサラ効果が期待できるといわれ、かなり注目されています。
 
またカルシウムや亜鉛など、各種ミネラルも含有されているので、できるだけ定期的に摂取するようにしたいですね。
 
 
そもそも納豆といえば納豆ごはんをイメージされる方が多いと思います。そして納豆ごはんといえばやはり朝食に摂る方が多いですよね。
 
 
しかし実は納豆は夜に摂取するほうが好ましいとされています。
 
 
というのも、体内で血栓ができやすいのが夜間といわれています。つまり夕食に納豆を食べることで、このタイミングでナットウキナーゼの効果を当てるということですね。しかもナットウキナーゼは10時間から12時間も働き続けるといわれていますので、翌日の朝までもつということになります☆
 
また睡眠に効果的なカルシウムも含まれていますので、やはり朝より夜に摂取したほうが良いですね。