みかんの白い筋?栄養あるの?

さて11月に入り、秋もだいぶ深まってきました。そして当たり前ですがあと1ヶ月すれば12月。冬本番となります。
 
そして冬と言えばこたつに入ってみかん。手軽に水分やビタミンCがたくさん摂取できて、そして美味しいみかんですが、このみかんの白い筋の部分って、じつはかなりの栄養成分があるんです。
 
 
まずは食物繊維。いわゆる「筋」という言葉からも連想できるように、食物繊維を豊富に含んでいます。
 
 
さらに注目はビタミンP!
 
ビタミンPというとあまり馴染みのないビタミンかもしれませんが、簡単にいえばみかんのポリフェノールです。ヘスペリジンというビタミンPがみかんのポリフェノールであり、おもに毛細血管のメンテナンスをする働きがあるようです☆またビタミンCを守ってくれる働きもあるとのことで、この補足的役割も栄養的に嬉しいところですね。
 
 
以上、また何か情報が入りましたら追記したいと思います。
 
 
 
 

手に付いたニオイを落とすには、、

突然ですが、魚をさばくと、どうしても手に生臭いにおいが吸着してしまいます。またたまねぎやニンニクなども、手先や指先ににおいが付いてなかなか取れないですよね(汗)
 
しかし、こういったときに誰でも持っている自宅にあるアレが超お役立ちします☆
 
 
 
ズバリ、歯磨き粉!!
 
 
ふだんハンドソープなどで手を洗うときと同じように、手のひらに歯磨き粉をのせて、普通に洗うだけ☆その後キレイに水で流すと、嫌なニオイが消えることが多いです。
 
 
そもそも歯磨き粉には消臭効果ありますので、ピンポイントで効果が期待できますね。是非オススメです。
 
 
 
 
 

野菜炒めは強火?弱火?

基本炒め物は強火でカラッと焼くというのが常識ですよね。
 
例えば野菜炒め。強火で炒めることで野菜のうまみを閉じ込めることができるとされています。
 
 
しかしじつは強火で炒めると、野菜の水分が外に出やすく、水っぽくなってしまうというデメリットも存在します。
 
 
むしろ弱火でじっくり炒めた方が、シャキシャキ歯ごたえがある野菜炒めが出来上がりますよ☆
 
 
是非お試しください♪
 
 
 

歯の詰め物が取れたら、、

たまに食事中に「ガリッ」という強い感触や違和感を感じ、舌先になにやら硬いものが落ちてくるときがありますよね。
 
要するに歯の詰め物。虫歯の治療で詰め込んだ硬いあれです。
 
で、こういうときに限ってすぐに歯医者にいけなかったりするのですが、それこそ焦って瞬間接着剤などを使うのはもちろんNG。絶対にやってはいけません(汗)
 
  
余程の痛みや悪い症状が出ない限り、1週間程度なら大丈夫だそうです。ただできるだけその開いた部分がさらに虫歯にならないよう、いつもより念入りに歯磨きをすることが大切です。
 
もちろんできるだけ早く歯医者さんに見てもらうことが大事ですね☆また何かありましたら記載したいと思います。
 
 
 

ダイエット中でも朝食は摂取したほうが良い理由

ダイエットというと、摂取カロリーを少なめにと考えがちですが、ここばかりにフォーカスするのは考え物です。
 
例えば「ダイエットしてるから朝食は食べない」という方がいます。しかし朝食を抜くということは、シンプルにエネルギー不足となり、ボーッとしたり身体がだるかったりするなど様々な弊害があります。
 
また最大のデメリットは体温が上がりづらくなくなってしまうということ。基本的に代謝が低ければそれだけ太りやすい身体になってしまうので、食べないことが逆にダイエットにはデメリットになってしまうのです。
 
ですので、基礎代謝量のカロリーは必ず摂取し、有酸素運動などで脂肪を落としていくのがやはりダイエットの王道ということになりますね☆