ティガレックスがアイスボーンに登場!!

さてナルガクルガとともに、発売前から噂されていたティガレックスですが、やはりアイスボーンに登場です!!
 
 
ティガレックスといえば、やはり突進モーション☆直線なのでかわしやすいと思いきや、意外と被弾してしまうんですよね。プロモではまさにこの突進ムーブのシーンが映し出され、ガチで気が抜けませんw
 
そして轟竜の名の通り、バカでかい咆哮も特徴の一つ。これはまだ確定ではありませんが、おそらく咆哮は大の扱いになるのではと思われます。
 
 
いやー、またまたお楽しみ要素が増えましたね。9月まで待ちきれません!!
 
 
 
 

レイ=ロゼッテスを作成

昨日レイギエナの宝玉をゲットしたので、ヘビィの上位武器であるレイ=ロゼッテスを作成しました!!
 
このレイ=ロゼッテス、貫通弾がガチで強すぎ!!装填数も多く、しかもカスタマイズすれば貫通弾3を反動小で打てるのが最高に魅力です☆
 
早速ヘビィ当たりまくりのバゼルギウスで試し打ちしたところ、15以上のクリティカルが出まくり!!これはイイですね☆
 
 
ただレイ=ロゼッテス自体は良いのですが、ヘビィボウガンを発射するときに、トリガーがR2になりましたよね。これ、すごい打ちづらくないですか?
 
昔は〇ボタンでポンポン連射できたのですが、R2となると、結構意識して人差し指か中指を動かさなくちゃならなくて結構大変なんですよね。多少キー設定をカスタマイズできると良かったんですけど。
 
 
 
 
 
 

上位のバゼルギウスをヘビィの貫通弾で、、

上位のクエストもいくつかこなし、いよいよバゼルギウスを狩猟することになりました。
 
バゼルギウスといえば、上位の序盤から数々のクエストに乱入してきて、「なんだか強そうなやつキタ」的なイメージを強制的に植え付けられたというかwわりと気合を入れて討伐に臨みました。
 
 
で、いざマップ上でバゼルを発見し、早速ヘビィの貫通弾を2、3発撃ち込んだのですが、、ほぼオレンジ色のクリーンヒット!しかも着弾数多すぎイィィ!!
 
「およ?」と思い、さらに撃ち込んだらまたしてもオレンジ色多発!!
 
要は頭、翼と、弱点部位の面積が大きいので、ガチでヒットしやすいんですよね。
 
 
気づいたら捕獲してましたw
 
 
まあ肩透かしというかw、ガチで強いと思っていたので、良くも悪くも意外でした。
 
しかもバゼル素材で作れる装備は耳栓や抜刀もあるのでなかなか良し!これはバゼルマラソンしようかな☆って感じです。
 
 
 
 
 

クシャルダオラとアルバトリオン、、レイギエナとガノトトス

モンハンを長くプレイしていると、そのモーションや外観にちょっとした既視感を覚えることがあります。
 
 
例えば古龍のアルバトリオンは、なんとなくクシャルダオラに似てます。攻撃方法はアルバトリオンはもう何でもありで、クシャルダオラが風圧がメインなのでやや違いますが、いわゆる振り向きモーションなんかは結構似てますよね。
 
 
それとMHWでレイギエナと対戦した時、足を軸にしてちょっと回る動きがあるじゃないですか、あれ見たときは咄嗟にガノトトスを連想しましたw真正面から突っ込んでくるのも似てますね。
 
 
まあこれだけ多種多様なモンスターが歴代から登場してると、どうしても似たり寄ったりしちゃいますけど、まあそういった発見をするのも楽しいですよね☆
 
 
さて本日も狩猟開始しまーす♪
 
 
 
 
 

プレイヤーの手腕

さて上位になってからその進捗も半ばに差し掛かってきたのですが、最近は正直前ほど勝てなくなってきたというか、少々勝率に乏しくなっています。
 
で、こういった状況を迎えると、まず装備を整えることに着手するという、昔ながらのRPG的な手法を取ります。また新たなるスキルの実装。ここらへんも原則的な手段ですよね。
 
そして通常のゲームであれば、装備やスキルをある程度のレベルにもっていけば、そのときに直面する敵はほぼ倒すことができます。
 
ところが、です。
 
モンハンの場合は例えそういったアベレージを高めても、確実に勝てるという保障はありません。
 
あくまで個人的な体感として、装備やスキルの比重が4くらい、残りの6はプレイヤーの手腕によるといっても過言でないと思います。
 
  
そしてだからこそ面白いともいえます。
 
 
今自分も大剣やヘビィでなかなか勝てなくなっていますが、今こそそれぞれの武器のモーションや攻撃方法を新たに開拓する時期。さらに強いハンターになろうと思います。