白菜の黒いブツブツの正体は?何?

気温はまだそれほど秋めいてはいませんが、久しぶりに鍋をやりたくなって色々具材を買ってきました。
 
で、白菜を切る時にふと思ったのですが、ちょっと黒い点がいつもより多いんですよね。これって少し古くなったからつくのかな?とか、どうなんだろうと思って少し調べてみたところ、、
 
決してカビでもなく、そして虫でもない、単に白菜の生理障害とのこと。
 
 
肥料の窒素成分が多かったり、収穫した時に低温状態が長く続くと出るこういった状態になるそうで、つまりはちょっとした白菜のストレス的な対応らしいですね。
 
 
ということで、温かいお鍋をビールとともに頂きました☆
 
 
 
 
 

バリウムと内視鏡の検診を比較

の間少し胃炎の症状がでました。ただ状態的には極めて軽く、現在はほぼ治りましたが、この間初めて胃カメラの検診を受けてきたんです。
 
結果、何もなく一安心。
 
 
で、バリウムと内視鏡の検診を比較した場合、やはり精度的に内視鏡のほうが優れているとのこと。
 
 
バリウム検査は胃の表面の凹凸や形をレントゲンで観察する形式ですが、やはり色の違いや平らな病変は認識できないそうです。
 
一方内視鏡による胃カメラは、その名の通りビデオカメラを直接胃の内部に入れて撮影しますので、わずかな異変でもすぐに視認することができます。
 
また来年、主治医さんのところで検診に行きたいと思います。
 
 
 
 
 
 

ジェスチャーと心理

高校生の時にとても語りがうまく、口達者な友達がいました。
 
ただ彼は嘘をつくときに、目と目を合わせられないという目立った癖があったので、その点はちょっとわかりやすかったというかw でも頭が切れる反面、こういうピュアなところもあるので、今でも付き合いは続いています。
 
で、やっぱり心理的な挙動って、どうしてもしぐさに出ちゃったりするものですよね。
  
例えば髪の毛を触るのは不安を感じている現れ、鼻を手で触るのは嘘をついている可能性が高かったり、口元を手で覆うのは気持ちを隠したい現れとか、ジェスチャーに表出してしまったりします。
 
 
それとこれも比較的わかりやすいですね、笑いに関してです。
 
いわゆる作り笑いは目と口が同時に笑いますが、ホントにおかしいときは、まず口が笑い、次に目が笑います。ちょっとした差ですが、こういった観点を持つとコミュスキルもアップしますね☆
 
 
 
 
 

消化と大根おろし

ダイエットの合間、好きなものを好きなだけ食べる日を定期的に設定しています。こういった日があるおかげで、ストレスのたまりやすいダイエットを長続きさせることができます。
 
で、普段ダイエットをしているときは、
 
炭水化物(糖質) ⇒ 低
脂質      ⇒ 低
 
タンパク質   ⇒ 大
 
おおまかにこういった摂取割合になるのですが、
 
 
好きなものを食べるときは、この3大栄養素がすべて「高」になります(笑)
 
ところが普段からダイエットの割合に慣れている状態で、糖質 高、脂質 高にしてしまうと、ちょっと身体がびっくりしてしまうというか、胃もたれや下痢の原因にもなってしまったりします。
 
 
要するに突然大量の炭水化物や脂質を摂ることで、消化のハードルが上がっちゃうんですよね。
 
 
なのでこういう時には必ず大根おろしを同時に摂取するようにしています。
 
 
というのも大根おろしには、
 
ごはん(糖質)などのでんぷんの分解を促進してくれる成分、さらにタンパク質や脂質も分解してくれる酵素が含まれているので、幾分胃の助けにもなるんですよね。
 
 
以上本日は消化と大根おろしについて述べてみました☆
 
 
 

昼寝をすると、、

例えばランチを食べた後、誰でも少し眠くなるときがありますよね。
 
基本食べ物が身体に入ると、消化活動が盛んになりますから、これはしょうがないこと。自分の場合はスマホを見たり、仲間と話したりしてましたが、最近は積極的に昼寝するようにしています。
 
結果的に午後の仕事が捗るというか、体感として疲れも回復するんですよね。
 
ただひとつ気を付けているのが、昼寝するのは20分まで。それ以上は寝ないようにしています。というのも、長い時間寝すぎると、少しボーッとしてしまうんですよね。また深い昼寝は夜の睡眠の妨げになると聞いたこともあります。
 
いずれにせよいわゆる休憩は脳にも必要。昼寝はここにピンポイントで効いてくれますね☆