むらさきのスカートの女(今村夏子、芥川賞)は在庫あり?売り切れ?

祝!芥川賞受賞!今村夏子さん「むらさきのスカートの女」の再販や重版、お取り寄せや増刷,再入荷予約など

2019年7月17日、第161回芥川賞の選考会が行われ、今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」の受賞が決まりました。
 
  

 
  
今村さんは大学卒業後、とくに就職はせず、アルバイトをしていたそうなのですが、30代でアルバイトがクビになってしまい、その時にふと小説を書こうと思ったことがきっかけだったとか。
 
その後2010年に太宰治賞、その後三島由紀夫賞、河合隼雄物語賞、野間文芸新人賞などを受賞。令和初となる芥川賞は3回目のノミネートにより、今回見事受賞されました。
 
現在は主婦業の傍ら、毎朝2時半に起床し、小説を執筆する毎日とのこと。今後の今村さんにも是非期待したいですね。
 
  

通販ガイド


なおむらさきのスカートの女(今村夏子、芥川賞)発売日2019年6月でしたが、芥川賞受賞が発表され、すでに在庫切れ及び売り切れのお店も出始めている模様です(汗)
 
そこで一応下記に、通販の紹介ページを記載しておきました。気になる方は是非お役立ていただければと思います。
 
 
 ■ ⇒⇒ セブンネット で チェック !!s
 
 ■⇒⇒ 楽天ブックスでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ Amazonでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ヤフーショッピングでチェック!!
 
 ■⇒⇒ 紀伊國屋書店でチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ TSUTAYAオンラインでチェック!!
 
 ■⇒⇒ DMM通販でチェック!!
 
 
 
 
 
 

どんな小説なの?

受賞作「むらさきのスカートの女」は、近所にいる むらさきのスカートの女と呼ばれている女性が気になり、彼女と友達になるために、同じ職場で働けるよう誘導する。
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!むらさきのスカートの女(今村夏子、芥川賞)の通販詳細はココ!!
  
 
 

小説

小説 天気の子(新海誠)の予約が始まりました!!

小説 天気の子(新海誠)の予約&発売日速報!!

いよいよ公開が迫ってきた、新海誠監督の最新作「天気の子」。今回、監督が自ら執筆した小説の発売が告知され、こちらも俄然注目が集まっています。
 

 
 

どんなストーリー?

憧れの都会にやってきた帆高だが、すぐに経済的に立ち行かなくなり、オカルト雑誌のライター業に行き着いてしまう。そんな中、帆高はある少女と運命的な出会いを果たす。陽菜というその少女は、じつはある不思議な能力があり、、
 
 

通販インフォメーション


なお小説 天気の子(新海誠)発売日は2019年7月18日が予定されています。
 
通販でも予約が始まりました☆※在庫切れ、売り切れ注意!!
 
 
 ■ ⇒⇒ セブンネット で チェック !!s
  
 ■⇒⇒ 楽天ブックスでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ Amazonでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ヤフーショッピングでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ 紀伊國屋書店でチェック!!
 
 ■⇒⇒ TSUTAYAオンラインでチェック!!
 
 
 
 
 
 

 

小説と映像と

管理人、とくに邦画が多いのですが、映画を見る前でも後でも、その原作となった小説を読むのが好きです。
 
感動の作品を追体験!といったら少々ベタですが、出てくる登場人物を映画での画や俳優になぞらえて小説を読むのが、なぜかとても面白いんですよね。
 
で、今回の小説版は、やはりまず映画ありきなので、劇場で見終わった後に、小説を読もうかなと思ってます。ただ、小説の発売が、映画公開の前日なんですよね、、ちょっと悩むかもです、、
 
 
■■■⇒⇒ 売り切れ注意!!小説 天気の子(新海誠)の予約詳細はココ!!
  
 
 
 
 
 
 

小説

古市憲寿の芥川賞候補作を予約!「百の夜は跳ねて」はコチラ!!

古市憲寿の小説が再び芥川賞候補作に!!「百の夜は跳ねて」の予約&発売日速報!!

昨年末、芥川賞にノミネートされ話題を呼んだ古市憲寿さんですが、今期も候補作として連続ノミネートされることになり、再び注目されています☆
 

 
 

どんな小説なの?

今回候補作品としてノミネートされた古市さんの作品は「百の夜は跳ねて」というタイトルです。
 
ちなみに前回は「平成くんさようなら」という作品名でしたが、今回の作品の紹介では令和時代の文学の扉を開くと紹介されており、新しい小説像がフォーカスされた作品となっている模様です。
 
いわゆる「格差」を題材にした小説なのでしょうか。現代に生きること、そして出会い、このデジタルな時代にアナログで生きることはそう簡単ではありませんが、古市さんがこの「生」をどのように描いているのかとても楽しみですね。
 
 

通販ガイド

なお古市憲寿の芥川賞候補作「百の夜は跳ねて」発売日は2019年6月27日が予定されています。
 
芥川賞関連のニュースが告知されて以降、予約人気が盛り上がっています☆※在庫切れ、売り切れ注意!!
 
 
 ■ ⇒⇒ セブンネット で チェック !!s
  
 ■⇒⇒ 楽天ブックスでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ Amazonでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ヤフーショッピングでチェック!!
 
 ■⇒⇒ Wowma!(ワウマ)でチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ TSUTAYAオンラインでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ハイブリッド書店 hontoでチェック!!
 
 
 
 
 

行きたくない(加藤シゲアキ、小説)の予約はココ!!

短編小説集「行きたくない」が発売!!NEWS加藤シゲアキ、住野よる、阿川せんり、渡辺優、小嶋陽太郎、奥田亜希子が執筆!!予約&発売日速報!!

デビュー作である「ピンクとグレー」から早7年。その後も「閃光スクランブル」、「Burn.-バーン-」など、続々と意欲作を発表し続けるNEWSの加藤シゲアキさん。今回はその加藤さんとともに複数の作家の方による短編が収録された一冊が発売されることになりました。
 
 
その短編のテーマはタイトルとしても表記されている「行きたくない」。この「行きたくない」という設定で、
 
加藤シゲアキ ポケット
住野よる コンピレーション
阿川せんり あなたの好きな/わたしの嫌いなセカイ
 
渡辺優 ピンポンツリースポンジ
小嶋陽太郎 シャイセ
奥田亜希子 終末のアクアリウム
 
以上6作品が収録予定です。
 
 

通販ガイド

なお短編小説集「行きたくない」発売日は2019年6月14日が予定されています。
 
通販でも予約が白熱しています☆※在庫切れ、売り切れ注意!!
 
 
 ■ ⇒⇒ セブンネット で チェック !!s
 
 ■⇒⇒ 楽天ブックスでチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ Amazonでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ヤフーショッピングでチェック!!
 
 ■⇒⇒ Wowma!(ワウマ)でチェック!!
 
 
 ■⇒⇒ TSUTAYAオンラインでチェック!!
 
 ■⇒⇒ ハイブリッド書店 hontoでチェック!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小説

久しぶりの宮部作品に触れて、、

小説は基本的に好きなので、絶えず何かの作品を読み続けています。
 
ちなみに今読んでいるのは、宮部みゆきさんのソロモンの偽証。すでに発売から数年が経過し、映画化もされるなど、大ヒットした作品です。
 
で、自分は宮部さんの作品はそれこそほとんど読んでまして、とくに現代ミステリが大好きなのですが、今回のソロモンの偽証は、何故か読むのが遅れてしまいまして、やっと今開始したというところです。
 
それこそ火車や魔術はささやく、模倣犯など、登場人物の心理描写、本質を射る哲学的な要素など、宮部さんの作品は、非常に興味深い考察がどの作品にも満ち溢れています。そして今回のソロモンも例外ではありません。
 
また最初の設定は90年代の中学生がメインであり、この時代から見た新しさや古さがとても新鮮で、この点も非常に読み応えがあります。
 
 
久しぶりにワクワクドキドキしながら読む、宮部さんの現代ミステリ。今後がとても楽しみです。

小説