パスタのゆで汁の意外な使い道とは!?

日頃からよくパスタを作るのですが、最近いわゆる「ゆで汁」に様々な用途があることを知り、かなり重宝しています。
 
まず一番意外だったのが雑草の除草を行えるということ。ゆで汁には塩分が含まれているので、冷ましたゆで汁を枯らしたい雑草にかけるとピンポイントで効きます。
 
またこれはご存知の方も多いかもしれませんが、皿洗いにも使えます。これはパスタのでんぷん成分がお湯に溶け出て、それが油落としに使えるという仕組み。何でも乳化安定剤的な働きをするとか。
 
さらに服のシミ落としにも使えます☆
 
 
管理人はとくに食器洗いに利用していますが、また何か情報が入りましたら追記してみたいと思います♪
 
 
 
 
 
 

えっ?もう1年が終わり?時間が早く感じてしまうのは何故?

さてそろそろ師走の時期に入り、2018年も終了を迎えます。
 
そしてこういった時期や時間を思うとき、年を取れば取るほどその経過を早く感じてしまうものです。
 
 
20代の1年と、30代の1年では明らかにその感覚的長さが違いますし、もっと年を取ればさらに短くかんじてしまうかもしれません。
 
 
じつはこの感覚、心理学的に法則化されており、ジャネーの法則といわれています。
 
それによりますと、例えば10年という長さを10歳の子供が感じるとき、それはその子どもの人生の全ての期間ですが、30歳が感じる10年は自分の人生の3分の1ですよね。この比較基準が感覚の違いとなってあらわれるというもの。
 
また新鮮かつ驚きに溢れた時間を長く感じる習性が人間にはあるようで、そういった事象が大人になればなるほど減っていきますので、そういった部分も関係しているようです。
 
 
自分もこのようなことを書いていて、来年はもっと新しいことやワクワク楽しい日々を意識的に作り出していこうかな?なんて思っています。
 

 
 
 

お昼の眠気と消化

食後、とくにお昼ご飯を食べた後に急激に眠くなったりしますけど、これって意外と対策できたりします。
 
そもそも深夜から明け方にかけて、またお昼から夕方にかけて眠くなるというというのは人間の生活として自然のことと言われているようですが、ただやはりお昼の眠気のポイントは食事にかかる部分も大きいと思われます。
 
ポイントは消化。
  
例えば血糖値の変動や、摂取した食べ物を消化するための活動は眠気を引き起こします。
 
 
ですので、咀嚼回数を多くして消化を助ける、水を飲みすぎると胃液が薄まるので、水分は過剰に摂らないようにするなど、消化をラクにするという観点を持つと、ある程度対応できます。
 
自分は咀嚼回数を意識するようにしてから、あの急激な眠気はだいぶ減ったように思います。気になる方は是非お試し下さい。
 

タンパク質が不足すると、、

筋肉を付けるための最大の栄養素と言えばタンパク質なので、つねにプロティンは摂取しているのですが、
 
そもそもたんぱく質が不足するとどうなるのか、ちょっと興味が湧いたので少し調べてみました。
 
 
すると、筋肉が減り、さらに代謝が落ちるという、まあこれはある程度予想していた状態なのですが、
 
それ以外にも、髪が傷む、肌荒れが起こる可能性が高くなる、免疫力が低下するなど、様々な体の不調がおきてしまうとのこと。
 
 
で、一番意外だったのが、思考力が衰えるという点。モノを思考するという点では糖質のみが重要だと思っていたので、ちょっと驚きました。
 
 
いずれにせよ、タンパク質は三大栄養素のひとつですからね。今後も積極的に摂取していこうと思います☆
 
 
 

ビタミンB2と口内炎

2,3日前から予兆はあったのですが、本日、ついに口内炎が完成してしまった模様w
 
ということで、粘膜保護のビタミン、ビタミンB2を積極的に摂取する日々が開始されましたw
 
 
ちなみにビタミンB2が多く含まれているのは、たらこや焼きのり、ビーフジャーキーに、魚肉ソーセージ、アーモンドやしその葉など、様々な食べ物から摂取することができます。
 
 
ただビタミンB2は、余分な分は尿と一緒に排泄されてしまいますので、一気に大量に摂取するのはNG。なるべくこまめに少しずつ摂取すると効率的に吸収されます。
 
 
以上本日はビタミンB2について記載してみました☆